注文住宅なら大阪のアンハウス お問い合わせ 資料請求 商品ラインナップ サイトマップ

  大阪で注文住宅ならアンハウス インフォメーション 自然素材健康住宅「風の家」 新素材デザイン住宅「光の家」 アンハウスの家ってどんな家? 注文住宅新築施工事例集 家造りお役立ち情報 アンハウスってどんな会社?  

大阪で家を建てる家造りネットセミナー 第4回 知っておきたい断熱材のお話
第4回 知っておきたい断熱材のお話


  安心安全な家を建てる為に、構造の耐震性はもちろんのことです。 が、構造の耐震性だけでは、住まいの安心安全性は保たれません。 構造材の耐久性にかかわるのが断熱材なのです。 仮に、骨太の構造材を使って建てても、壁の中が湿気で構造材を腐らせてしまったら、 骨太の構造材もほとんど強度のないものになります。

  そんなことあるものか!  立派な構造材を使っているんだ、とおっしゃられる方も一度耳を傾けてください。

  鉄骨住宅、木造住宅にかかわらず、住宅の90%は安価で施工性の良いグラスウールまたはロックウールを 使って建てられています。これらの断熱材は吸放湿性がない為、壁の中に入った湿気は断熱材を濡らし、 断熱材のなかで結露をして、カビが発生する場合が多いのです。 こうなると、すぐに構造材が腐食していきます。更に、構造材の耐久性が損なわれるだけでなく、 カビの為にそこに住む家族の健康が損なわれる事になります。又、断熱材の結露や垂れ下がりにより建築年数と共に、 断熱性能が低下します。

  断熱材にはいろいろなものがあります。最近良く見かけるウレタン系の断熱材。 パネル状に取り付けたり、吹き付けしたりするこの材料は、燃えると有毒ガスが発生します。 インターネット等で見られた方もおられるでしょうが、これも私は怖い気がします。

  断熱材を選ぶ基準として、断熱性はもちろん、調湿性、防火性、防音性、防虫性、 シックハウス対策、エコロジーの観点から総合的に判断されることをお勧めします。

  えっ、そんな万能な断熱材があれば、お目にかかりたいって、・・・

  それが、あるのです。セルロースファイバー自然素材断熱材です。 これらの断熱材は吸放湿性が高い為、断熱材自体が呼吸をしているようなもので、結露をおこすことなく、 湿気を調整してくれます。 又、自然素材が原料ですので、刺激成分がなく、 ホルムアルデヒドなどの揮発性化学物質による化学物質過敏症に悩まされる事もありません。

  古新聞をリサイクルしたセルロースファイバーは燃えやすいのでは?とご心配されるかもしれません。 それも大丈夫です。ホウ酸が配合されているため、着火しても表面が炭化するだけで、 自己消火性があります。 また、配合されているホウ酸の為、防虫効果もあります。 人に嫌われるゴキブリはもちろん、シロアリにも効果的で、家の耐久性を伸ばします。 もちろん、ホウ酸の安全性は、眼科の洗浄にも使われるくらいで、食塩の十倍の安全性があります。

  又、フル充填断熱材で高い密度ゆえに優れた断熱性はもちろん、防音性にも優れています。 交通騒音から話し声まで幅広い騒音を吸収し、はっきり分かるほどの静かな家を造ります。 しかも、リサイクル商品なので、資源の無駄使いをせず、製造過程でオゾン層を破壊するガスを発生せず、 廃材処理をした時も自然素材なので、土に還ります。環境に優しい商品でもあります。

  良い事づくめのように思われますが、ただ施工コストが高くつくという欠点があります。 良いものは高いのは当たり前と言うわけではありませんが、総合的に判断し、数多くの長所から考えるとコストパーフォーマンスに優れた断熱材であると言えます。

内断熱と外断熱

  これは、断熱材の工法のことで、お聞きになった方も多いのではと、思います。 断熱材を構造躯体の中に入れるか、構造躯体の外に貼るか、といった工法の違いで、 それぞれ長所・短所があります。内断熱工法は、 施工しやすいなどで、日本で一般的に利用されている断熱工法ですが、 隙間が出やすいことや、結露が構造躯体の中で起こしやすいなど、 問題点が指摘されています。 外断熱工法は、建物外側からすっぽり断熱材で包み込む為、 構造躯体が外気に影響されにくく、構造体と室内は同じ空気環境に置かれ、 構造躯体の中で起こる結露を防ぎます。 また、内断熱と外断熱の両方の良い点を合わせたダブル断熱工法も開発され、 その断熱性が格段に高い事が実証されています。

賢い家造りネットセミナー

   
第1回 注文住宅の依頼先の選び方
   第2回 地震に強い家を建てるコツ@
   第3回 地震に強い家を建てるコツA
   第4回 知っておきたい断熱材のお話
   第5回 建築費用の罠
   第6回 賢い土地探しのコツ@
   第7回 賢い土地探しのコツA
   第8回 土地探しから土地取得までの流れ
   第9回 金融機関の審査を有利にする賢い住宅ローンの借り方
   第10回 後悔しない家造り



アンハウス株式会社
アンハウス株式会社のロゴマーク
〒583-0881 大阪府羽曳野市島泉5-7-10
TEL:072-955-8883  FAX:072-955-8894
Mail to:info@anhouse.co.jp

Copyright(C) 2008Anhouse CO., LTD. All Rights Reserved